〒353-0004 埼玉県志木市本町5-19-15

電話:048-423-8768

埼玉 志木市 肛門疾患 大腸検査 便秘 志木大腸肛門クリニック

トップページ医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

大腸検査

Contents

問診表ダウンロード
 

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  大腸検査

大腸内視鏡検査について

近年、大腸の病気は増加の一途をたどっています。大腸ガンや大腸ポリープはいうまでもなく、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)と呼ばれる、腸に炎症が起こる病気なども年々増加し続けています。こうした病気に限ったことではありませんが、ガンをはじめとする私たちを脅かす病気は早期に診断できれば、少ない侵襲で十分な治療効果が期待できます。早期診断、早期治療に優る治療法はないのです。
とくに大腸ガンでは、定期的に大腸内視鏡検査を受けていれば、その予防が可能となります。40歳以上の方が受けていただく大腸ガン検診は、病気の早期発見を目指して便潜血反応によってスクリーニングを行っていますが、実際には検診で便潜血反応が陽性に出ても精密検査を受けずにやり過ごしてしまう方が多いのが現状です。「大腸の検査は苦しくて痛いのでは」と心配され、検査を敬遠される方が多いためだと思われます。
しかし、大腸内視鏡の挿入技術に熟達していれば、大腸内視鏡検査は多くの方で多少の圧迫感を感じる程度で終えることができます。当院ではこれまで培った豊富な経験を生かし、苦痛を感じることなく検査を受けていただくことができるかと思います。
さらに「どうしても怖い」といった気持ちが先立つ方や、過去に開腹歴があり癒着のために、カメラのスムーズな挿入が困難な方には、必要に応じて鎮静剤を使用することも可能で、安楽に検査を受けていただけます。
当クリニックでは毎日検査を行っております。検査をご希望される際には、あらかじめ電話でご希望日をお伝えください。

ページトップ

大腸と肛門は密接な関係があります

排便の時に、血が。
痔だからと思っていたけれど・・・

logo

排便の際に出血がみられてとしても、イボ痔などがあるために「出血は痔によるものだろう」と思って様子をみていた方が、実は大腸ガンを患っていたという事態は決して珍しくありません。「排便時に出血する」といった症状から、痔や大腸ガン、大腸炎などを区別することが困難であるため、その対応を誤ってしまうと診断の遅れにつながる危険性があります。

たとえば・・・

たとえば・・・
↓

【 大腸内視鏡検査を行ったところ・・・ 】
大腸に25mm大のポリープを認め、その場で内視鏡的ポリープの切除を行いました。切除したポリープを顕微鏡で検索したところ、「粘膜内にとどまる早期ガン(粘膜内ガン)」との結果でした。

たとえば・・・

大腸を検査するだけでは不十分であり、また肛門の診察だけで済ませてはいけない場合もあり、肛門と大腸を総合的に診療する必要があるのです。このように密接な関係をもつ肛門と大腸を、当院では専門的な見地からしっかりと診断することができます。外来受診の場合は予約は必要ありませんが、大腸内視鏡検査をご希望される場合は、あらかじめ検査のご希望日を電話でお伝えください。
出血などの症状があって不安を抱えているようでしたら、怖がらずにまずは受診してください。責任をもって診療に当たらせていただきます。

ページトップ

当院での大腸内視鏡検査の流れ

前日の食事と検査当日の下剤の服用について

検査を行うには検査前に約1リットルの下剤(腸管洗浄液)を飲んで、大腸をきれいな状態にしていただく必要があります。下剤を飲み始めてから、10回前後の排便があり、ほぼ透明で黄色い液体しか出ない状態になれば、検査を受けることができますが、ここまでに通常2~3時間かかります(便秘がちな方はさらに1~2時間かかることもあります)。
このため、当日の朝食は抜いて午前9時30分頃までに来院していただく必要があります。原則的に検査前日の食事に制限はありませんが、繊維質のものは下剤を飲んだ後でも腸の中に残ってしまい、検査がしづらくなる場合があり、避けていただいた方が無難です。
以下に食べてよいもの、食べるのを避けていただいた方がよいものを挙げておきますので、ご参考になさってください。

食べてよいもの

うどん、そば(消化の悪い具はさける)
たまご、とうふ、あげ、カマボコ、ハンペン
ごはん(おかゆにする必要はありません)
食パン、バター、チーズ、ヨーグルト


食べるのを避けていただいた方がよいもの

野菜全般(なす、トマト、はくさい、タマネギなど)
くだもの全般(特に種のはいっているもの、キウイフルーツ、メロンなど)
海藻類(わかめ、ひじき)
きのこ類
こんにゃく
雑穀(玄米、雑穀米)

特にキノコや海藻、ネギ類はそのままの形で残ってしまうことが多いため、食べていただかない方がよいかと思います。
検査前日の夕食は遅くとも午後8時までに済ませていただき、以降は食事を摂らないようにしてください。水、お茶などの透明な水分は検査直前まで摂っていただいて構いません。
普段から便秘がちな方は、当日に内服していただく1リットルの下剤だけでは十分きれいにならず、下剤を追加せざるを得ないこともあります。こういうケースでは、検査前日の就寝前に、10mL程度の液体の下剤を服用してお休みいただくと、当日腸内がきれいになりやすくなり、検査がスムーズに運びます。ご心配でしたら、事前にご来院いただき、前日の食事や下剤などについて、ご相談いただけるとよいと思います。
 

大腸内視鏡を初めて受ける方には、原則として来院してから下剤を飲んでいただくようにしています。下剤の飲み方にも少しコツがあるのに加えて、下剤を飲み始めてから気分が悪くなられる方がいらっしゃるからです。
ただし、以前に検査を受けた経験のある方でしたら、ご自宅で下剤を飲んで大腸をきれいにしてから来院されても構いません。その場合にはすでに準備が出来ていますから、来院してすぐに検査が可能です。自宅のトイレで落ち着いて準備をしたいとか、自宅で朝早くに下剤を飲み始めて、午前の早い時間に検査を済ませてしまいたいといった希望のある方は、この方が適当かと思います。事前に来院していただければ、検査用の下剤をお渡しいたします。
なお、普段から飲んでいらっしゃる薬(とくに心臓病や血圧のお薬は検査当日の朝にも内服してご来院ください(血液サラサラの薬につきましては後述いたします。大腸ポリープ切除の項を参照してください)。

検査の実際・検査中の鎮静薬使用について

1リットルの下剤を飲み始めて7~10回の排便があり、ほぼ透明な黄色い液体しか出ないようになれば検査を受けられます。クリニックには使い捨ての検査用パンツを用意してありますので、検査時にはこれに履き替えて検査を受けていただくことになります。
検査中は鎮静薬なしでも多少の腹部の圧迫感を感じる程度であり、通常10~15分ほどで検査を終えることができます
しかし、以前に他のクリニックや病院で検査を行ったことがあり、その時にとても痛くて苦しい思いをしたとか、恐怖心が先立ってしまうような方には、ご希望に応じて鎮静薬を使って安楽に検査を受けていただくことも可能です。
この場合は鎮静薬を静脈注射し、眠っている間に検査が終わります。検査終了後はリカバリー室で15~20分ほど休んでいただきます。
ここで注意していただきたいのは、鎮静薬を使用した場合には、検査後に車やバイク、自転車を運転してお帰りになることは出来ないという点です。必ず公共の交通機関をご利用していただくか、どなたかに送り迎えを頼んで帰宅していただくこととなります。
鎮静薬を使用しない場合では、検査後すぐにお帰りいただけますし、運転することも可能です。

大腸ポリープが見つかった場合について

検査の際に大腸ポリープが見つかった場合、当院ではその場で切除することが可能です。
大腸ポリープは、発見したときに良性と思われても、大きさが増せば悪性のガンに転化してしまうことがあるため、原則として切除することが必要なのです。
ただし、切除する場合には、ポリープ切除後、少なくとも7日間は旅行・出張などの遠出や運動、飲酒を避けていただく必要があります。とくに飲酒は、ポリープを切除した部位からの出血のリスク(通常は1%以下とまれです)を増大させる可能性があります。万が一、出血が起きてしまった場合は、直ちに再度内視鏡検査を行い、止血処置を施す必要性が生じることもありますので、そうした事態に備えて、当院では24時間いつでも対応できる体制を整えております
切除後1週間以内に出張や飲み会のご予定がある場合には、すぐにポリープを切除することができませんので、ご了承ください。
また普段から血液をサラサラにするお薬を飲まれている場合にも、切除後に出血が起きてしまう危険性があるため、検査自体を受けることは可能ですが、その場でポリープを切除することは出来ません。まずは、その薬を処方してもらっている主治医の先生と相談していただき、一定期間休薬する許可をもらってから、改めてポリープを切除することになります。決して血液サラサラの薬を、自己判断で勝手にやめることはしないでください
万が一、内視鏡的に切除が不可能な大腸ガンが見つかってしまった場合は、病状の説明を十分させていただいた上で、信頼のできる、地域の中核病院を紹介させていただきます。希望される施設があれば、伝えてください。ご希望の施設への紹介状を直ちにご用意させていただきます。責任をもってフォローいたしますので、ご安心ください。