〒353-0004 埼玉県志木市本町5-19-15

電話:048-423-8768

埼玉 志木市 肛門疾患 大腸検査 便秘 志木大腸肛門クリニック

トップページ医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

肛門疾患について

Contents

問診表ダウンロード
 

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  肛門疾患について

「痔」って何?

「痔」とは肛門の病気の総称で、主なものに「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔ろう」の3つがあります。

痔核(いぼ痔)

肛門にいぼ状の膨らみができた状態で、痔のなかで最も多いタイプです。内痔核と外痔核の2種類があります。

「内痔核」ってどんなもの?

内痔核

肛門内部と出口付近には静脈叢と呼ばれる毛細血管が多く集まった部分があります(肛門内部のものを内痔静脈叢といい、出口付近のものを外痔静脈叢といいます)。
このうち、肛門内部のものが内痔核に相当します。 ただし、これがあるからといって、直ちに病的な状態というのではありません。内痔核にはもともと、肛門をふんわりと閉じるためのクッションとしての生理的な役割があるのです。
この静脈叢が変化して静脈瘤となり、さらにこれを支えている筋線維やその他の構造が弱くなってくると、いきんだりしたときに、肛門外にいぼ(内痔核)が容易に脱出してしまうようになります。こうなると、いよいよ病的な状態といえます。これを「脱肛」といいます。こうした変化はゆっくりと起こってくるものです。

どんな症状があるの?

はじめは自然に肛門の中に戻りますが、次第に手で戻さなければ戻らなくなります。脱出してくるものは、触るとこんにゃくのように柔らかく、脱出してくると、肛門にものが挟まっているような不快な感覚がでてきます。
こうした変化(静脈瘤とその周囲の結合組織の変性)は不可逆的なもので、一方通行で徐々に進行してしまうのです。
また、静脈瘤という、いわば血管のかたまりなので、出血がみられることもあります。出血の程度はさまざまで、紙につく程度から、ほとばしるような激しい出血もときにみられます。
ただし、痛みを感じないのが通常です。

内痔核はどうして痛くないのか?

これは、内痔核が、痛みを感じる知覚神経が通っていない場所にできるからなのです。
痛みを感じとる知覚神経は歯状線(直腸粘膜と肛門上皮の境目を「歯状線」と呼びます)より下側の皮膚部分の静脈叢に多く通っていて、歯状線より上の直腸粘膜の静脈叢周辺には知覚神経が分布していません。
内痔核は歯状線より上の直腸粘膜側にできるものなので、これが大きくなることにより違和感を覚えることはあっても、痛みはありません(※ただし、内痔核のなかには激痛を伴う嵌頓痔核という病態もあります)。

その治療にはどういうものがあるの?

不可逆的な変化なので、薬では元の状態に戻すことが期待できませんが、放置しておいても悪性に転化することはないため、必ずしも完治を目指す必要はありません。
とくに、出血などの症状は軟膏を適宜使用することでほとんどよくなります。
ただ、排便時に脱出してしまい、指を使って押し戻すような状態になったり、排便の時以外にも容易に脱出してしまい、不快感が強くなり煩わしさが募るようであれば、手術をお勧めします。
手術には、病的となった痔核を外科的に切り取る方法と、薬液を患部に注射する事により硬化させ小さくする注射療法などがあります。

外痔核(とくに血栓性外痔核)ってどんなもの?

下痢や便秘などで強くいきんだ場合に、肛門の出口付近の静脈叢(外痔静脈叢)の一部の毛細血管が破綻し、血栓(血のかたまり)ができてしまう病態です。いわゆる血マメができた状態です。
冷えなどが誘因になることもあります。
ある日突然、肛門の外側にコリッとした硬いしこりができ、痛みを伴います。

なぜ外痔核は痛みをともなうのか?

これは、外痔静脈叢の領域が、歯状線より下側の皮膚部分に相当し、ここには痛みを感じとる知覚神経が通っているためです。

どのように治療するの?

ほとんどは軟膏などを使うことにより、血栓は徐々に吸収され自然に小さくなっていき、手術をしないでも治ります。

※嵌頓痔核について

内痔核は、通常激しい痛みを感じませんが、なかには激しい痛みを伴う内痔核もあります。それが嵌頓(かんとん)痔核です。内痔核が進行すると、歯状線を越えて肛門外に脱出するようになりますが、嵌頓(かんとん)痔核は、脱出した痔核が戻らなくなり、血栓ができたもので、大きく腫れあがり、激しい痛みを伴います。
嵌頓痔核の場合は、ただちに手術というわけでないのですが、緊急処置が必要なので、急いで病院を受診する必要があります。

裂肛(切れ痔)

「裂肛」ってどんなもの?

裂肛

「切れ痔」と呼ばれる病気で、便秘となり硬い便が無理に通過したり、下痢のため勢いよく便が通過し肛門部に強い負荷がかかることにより、肛門の出口付近が切れた状態のことです。

その症状は?

歯状線より下にある肛門上皮(ここには痛みを感じとる知覚神経が多く通っています)が切れるため、排便時に痛みを感じ、出血もみられます。
裂肛は、女性に多いといわれています。
通常、出血はトイレットペーパーにつく程度で、多くはありません。
ひどくなると、痛みは排便時だけでなく、排便後にも続くことがあるのが特徴です。

何に気をつければよいの?

悪化しやすいため、早目に受診していただく必要があります。というのは、一度裂肛になってしまうと、その強い痛みから排便を我慢してしまい、その結果便秘となり、いざ排便するときには硬い便が患部を傷つけ、さらに症状が悪化するといった、悪循環に陥ってしまうことがあるからです。

治療はどうすればよいの?

治療としては便通を整えた上で、まず軟膏での治療(これを保存的治療といいます)を行います。
裂肛には急性裂肛と慢性裂肛があるますが、とくに急性裂肛は保存的治療により数日で治ります。一方、慢性裂肛になると、肛門が狭くなり治りにくくなることもあります。また裂肛が慢性化して潰瘍になり、皮垂(みはりいぼ)や肛門ポリープといった突起が出現する段階になると薬で治すのは困難となります。この場合には手術をお勧めしています。

痔瘻(痔ろう)

「痔瘻」ってどんな病気?

痔瘻(痔ろう)

肛門周囲に膿がたまり(この状態を肛門周囲膿瘍といいます)、肛門のまわりが腫れて激痛が続いたり、38~39℃の発熱を伴う場合もあります。
たまった膿をメスなどで切開し外に出してあげると症状は楽になりますが、膿のトンネルが出来上がってしまいます。このように、細菌の感染によって肛門内が化膿し、肛門の内と外がトンネルでつながった状態になると、痔瘻(痔ろう)と呼ばれます。

痔瘻ができてしまう機序

肛門上皮と直腸粘膜との境目には、肛門陰窩という小さなくぼみ(ポケットのようなもの)があります。その外側には顕微鏡でわかる程度の肛門腺(粘液を出す役割をもっています)があるのですが、下痢などによって肛門陰窩から便が入り込んでしまい、ここに便中の大腸菌など、増殖能が旺盛な細菌が感染し膿瘍を形成すると、肛門周囲が大きく腫れ上がり、ズキズキとした激しい痛みを伴うようになります。
普段は、肛門陰窩に便が入り込むことはないのですが、下痢をしていると入りやすくなります。
このように、痔瘻とは、肛門陰窩と皮膚との間に出来たトンネルのことなのです。

その治療は?

痔瘻は薬では治らないので、原則として手術治療が必要となります。
痔瘻を放っておくと複雑化することがありますので、早目の治療が必要です。

ページトップ

妊婦の肛門疾患

妊娠期には腹圧が上昇し、うっ血しやすいことから、痔核や裂肛がひどくなる傾向があります。
痛みが激しくて耐えがたいこともありますので、可能であれば妊娠前にしっかりと治療しておいた方が無難です。
出産後しばらくすると、症状は自然と軽快することが多いです。

ページトップ

小児の肛門疾患

排便のときに痛がる、出血するという訴えの多くは裂肛が原因です。
便が硬いことが多いので緩下剤で便を軟らかくし、軟膏をしばらく使用すれば、たいてい早く治ります。
乳児期の男の子で、肛門の周りが腫れて膿んだりする場合がありますが、これは「痔瘻(痔ろう)」が原因です。
膿みがたまったら、その都度膿みを外に出すようにしてあげると、ほとんどの場合自然と治ります(これは成人にできる「痔瘻(痔ろう)」と異なる点です)。
中学生くらいになっても膿が出続けるようなら、手術も考慮する必要があります。

肛門の病気は、専門性が高く奥が深い領域であり、十分な診療経験に基づいた的確な診断と適切な治療を受けることが非常に重要です。
また、排便時の出血は必ずしも「痔」が原因とは限りません。
大腸の領域では、大腸ガンが年々増加の一途をたどっており、その検診の重要性が叫ばれているにもかかわらず、検査に対する抵抗感から検査を敬遠してしまう方が多いのが実情です。
出血などの症状があって不安を抱えているようでしたら、怖がらずにまずはご相談ください。

ページトップ